普通の香筒で倒してもいいですか。

普通の香筒で倒してもいいですか。

アロマセラピーで香筒を使用する方法を明らかにしようとすると、この問題がよく発生します。

この問題の答えは、使用される円錐のタイプと使用される特定の還流システムに依存します。

従来の香錐は還流バーナに使用できますが、特定の還流と同じ効果は得られません 香錐.

通常の香筒から発生する煙は還流香筒のように流れ落ちることはないので、バーナーのすべての効果は得られません。

還流バーナーに普通の香筒を使いたい場合は、中ではなくバーナーの上部に置くのが一番です。

これにより、還流効果からいくつかのメリットを得ることができますが、煙は止められません。

逆流香とは?

 

還流香、逆方向とも呼ばれる いぶす サイフォン香は、底から香を点火し、燃焼した円錐体を通じて上に傾倒し、芳香の煙を形成する燻香技術である。

 

そして、香炉から煙が噴き出した。還流する燻香は、より強い香りを作り、燻香の効果面積を増やすために使用されます。

 

関連:焼香方法:完全ガイド

どのようにして通常の香筒逆流を使用しますか?

 

通常の香錐を使用して還流するには、まず香錐を点火した香の上に置き、点火時に所定の位置に固定します。そして、円錐体を持ちながら、ライターの炎に香を注ぎ、円錐体の頂部で香を燃やす。

 

最終的に 香滝 煙が立ち始め、円錐体から芳香の煙が噴き出し始めます。円錐体を炎の上に持ち上げ、長時間の吸気と長時間の呼気により、煙を鼻と口を通して吐き出す。

 

還流中に通常の燃焼物を使用する潜在的な危険性

 

還流中の定期燃焼の使用には、火災、火傷、肺損傷など、多くの潜在的な危険がある。

燻香を使用した経験のない人には還流燻香を使用することはお勧めしません。

通常の香筒は還流に使用できますが、潜在的な危険性に注意してください。本物のお香を使う前に練習しなければなりません。

 

 

還流香筒は、儀式や宗教儀式によく使われるお香です。

一部の人は、香筒の燃焼が適切でなければ、還流した香に毒がある可能性があると考えている。

還流燃焼物を燃やすと中毒になり、使用後に副作用が出る可能性が報告されている。

還流香筒の安全性に不安がある場合は、使用前に医療提供者に相談してください。

 

リフローカートリッジとは?

還流コーン、香錐とも呼ばれ、圧縮された薫香を盛って薫香に用いる小型金属容器である。

ペンダント、テーパ、渦巻きなど、さまざまなデザインがあります。還流香筒の多くは真鍮で作られていますが、銅など他の金属で作られているものもあります。

 

還流香筒の動作原理還流香筒には香が充満しており、使用者が吸い込むと香が圧縮される。

 

これにより、ユーザーが円錐を長時間握る必要がないため、タバコを吸いやすくなります。使用者が煙を吸い込むと、香りはゆっくりと均一に放出され、一貫した心地よい香りを放つことができます。

 

適切に使用すれば、還流香筒は無毒です。還流香筒中の樹脂香が適切な温度に貯蔵されていない場合は、毒性がある可能性があります。

 

熱い環境に線香を貯蔵した場合、樹脂は液化して使用するのが危険である可能性があります。 この液を吸入すると、肺に害を及ぼす可能性がある。

 

バックフローの線香は、適切に使用される限り、有毒ではありません。 熱い環境で香を蓄えられると、液状化し、使用する危険がある。

うちのチェックアウトクール・インツェンスバーナーズ

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

著者について

才能ある著者であり、ここ Acacuss のチームに新しく加わった Emma Bowler を紹介できることを嬉しく思います。

エマはコンテンツ チームにとって貴重な人材となるでしょう。子育てから障害、ライフスタイルに至るまで、さまざまなトピックについて執筆する彼女の専門知識は、関連性の高い魅力的なブログ記事の作成を支援するのに最適な人材です。

著者ページ